トップへ » 治療について » 審美歯科

若々しく健康的な印象は口元から

「笑うと銀歯が見えて気になる」「歯や歯肉の色が気になる」そういったお悩みを解決するのが審美歯科治療です。歯は美味しく食べる機能とともに、外見や顔の印象を左右する要素も持ち合わせています。
審美歯科

機能性と審美性の両面に焦点をあて、患者さまの希望に合わせて口元の健康と健康美を高めるのが、当院の考える審美歯科治療です。清潔で美しい歯並びは、若々しい印象を与えるだけでなく、お口の健康そのものにもよい効果をもたらします。

人工歯の種類と特徴について

人工歯被せ物(クラウン)や詰め物(インレー)などは、さまざまな種類を揃えていますので、患者さまの歯の状態とご予算やご要望を伺いながら、最も適した素材による治療をご提案します。

メタルフリー素材で虫歯再発のリスクを軽減
当院では、金属アレルギーを引き起こす恐れがなく、安心して長期間利用できる、メタルフリー素材による治療をおすすめしています。中でも自然な白さと強度を併せ持つセラミック・樹脂系素材は、表面に汚れや細菌が付きにくく、虫歯再発のリスクを最小限に抑えることができます。

ポーセレン(セラミック):インレー・クラウンポーセレン
ポーセレンはセラミック素材(陶器)でできている人工歯です。歯の先端まで透明感が出せるため、前歯など目立つ部分に最適な素材です。全体的に透明感があり、本物の歯に近く自然で豊富な色調が再現でき、周囲の歯の色と馴染ませることができます。また、耐久性にも優れているため、前歯だけでなく、奥歯の治療にも使うことができます。

●審美性に最も優れている
●前歯の治療に非常に適している
●金属を使用しないためアレルギーが起こりにくい
●強い力がかかると欠けることがある

ジルコニアジルコニア
自然な美しさと強度に優れた「ジルコニア」は、人工ダイヤモンド素材の上からセラミックで覆い、しっかり焼き付けた人工歯です。自然な白さと強度があるため、奥歯を白くしたい方や歯ぎしりのクセがある方におすすめです。

●奥歯の治療や歯ぎしりをされる方に
●金属を使用しないためアレルギーが起こりにくい

金合金金合金
金合金は、天然の歯に近い硬さなので、奥歯に使う材料としては理想的で、長期安定が期待できます。銀歯に比べて金の含有量が多い人工歯なので、噛み合わせる相手の歯にも優しく、耐久性もあります。ただし、白い歯に比べるとどうしても目立ちますので、色をあまり気にしないという方には、長持ちする材料としておすすめしています。

ハイブリッド:インレー・クラウンハイブリッド
セラミックの硬さと樹脂の粘り強さがある材料で、それぞれの特徴を併せ持ち、自然な色合いと透明感があります。硬さも天然の歯に近い材料です。セラミックと比べて、多少ですが治療費を抑えることができます。短所は、プラークがつきやすい点と、長年使用していると若干水分を吸い込むために変色が起こる可能性があります。

●審美性に優れている
●金属を使用しないためアレルギーが起こりにくい
●経年変化による変色が起きやすいため、メンテナンスが欠かせない


トップへ » 治療について » 審美歯科


コールバック予約


TOPへ