トップへ » 当院の4つの特徴 » 最新設備による治療

高性能顕微鏡(マイクロスコープ)による精度の高い治療

歯科治療では、肉眼では確認できないほどの細かい作業が必要とされます。たとえば、歯の根の治療(根管治療)などは、肉眼で見える部分に限度があるため、治療も難しいものとなります。

マイクロスコープ

しかし、高性能顕微鏡(マイクロスコープ)を使えば、肉眼では確認できなかった神経の入り口なども発見することができるので、精密で正確な治療ができます。

ミクロレベルの患部が確認できるマイクロスコープとは?

マイクロスコープマイクロスコープは、歯科用に開発された高精度の顕微鏡で、歯や口腔内を最大で20倍まで拡大して見ることができます。そのため、細かな歯のデコボコや隠れている根管といったミクロレベルの患部も確認することができ、より正確な治療が可能となります。

当院で使用するマイクロスコープは、眼科や脳外科手術などで使用されているのと同等の精度で、より安全で正確な治療に大きな力を発揮しています。

お口の中の様子は、患者さまも確認することができます

マイクロスコープマイクロスコープには、CCDカメラが搭載されています。そのため、お口の中を20倍に拡大して、患部の様子をモニターに写して患者さまに見てもらうことができます。

虫歯や根管の状態を患者さまご自身が見て確認することができるため、たとえば、どうしても抜歯が必要な状態であったとしても、お口の中の映像や静止画像を見ていただくことで、その理由を心から納得していただけると思います。

マイクロスコープによる治療について

当院では、さまざまな症例に対してマイクロスコープを役立てています。

虫歯の治療マイクロスコープ
マイクロスコープを使うことによって、小さな虫歯でも取り残しや削りすぎがなくなり、神経を傷つけるリスクもありません。また詰め物や被せ物を入れる際に隙間を作らないように切除面を細かく形成することができます。これにより治療後の再感染を防ぎます。

●虫歯になっている部分を確実に見極めることが可能
●歯を削る量を最小限にすることができる


根管治療
根管は細く、根と同じように複雑に分かれているため、肉眼で確認することが非常に難しいものでした。しかしマイクロスコープを使い、歯の内部を拡大することで患部の状態がはっきりとわかるため、治療の精度は高まり、確実な処置が可能となります。

●確実に治療の成功率がアップする
●歯を残せる可能性が向上する


審美歯科
詰め物や被せ物を入れるとき、ミクロ単位の隙間が残ってしまうと、外れたり再び虫歯になってしまったりするなど、トラブルの恐れがあります。マイクロスコープを使用して細かな部分をチェックしていけば、より完成度の高い審美歯科治療を実現することができます。

●完成度の高い美しい仕上がりを実現
●わずかな不適合部分も見逃さないため、長持ちさせることが可能


トップへ » 当院の4つの特徴 » 最新設備による治療


コールバック予約


TOPへ