トップへ » 世代別に最適化した予防歯科プログラム » 40代~50代の予防

40代~50代の予防

40代~50代の予防年齢とともにお口の中の環境が少しずつ変化し、歯周病になりやすい環境になります。また、すでに歯周病があると悪化しやすく、歯ぐきが後退したりくすんできたりします。さらに症状が進行すると、歯を支えている骨が溶かされて歯並びや噛み合わせが変わってくることもあります。

歯周病を防ぎ、お口の中を健康な状態に維持することは、口元の美しさと若々しさを保つ秘訣です。まずは、定期検診で歯ぐきの健康状態をしっかり調べ、メンテナンスで予防的な処置や歯周病を改善する治療を受けましょう。

アンチエイジング効果も期待できるメンテナンス
歯周病だけでなく、治療した差し歯や被せ物の状態が悪くなり、歯ぐきの後退やくすみなどが気になり始める年代です。特に歯ぐきのくすみは老け顔の印象を与えますので、口元の美しさと健康を意識してメンテナンスを受けるとよいでしょう。

歯周病を予防し歯肉の状態を改善するPMTCは、お口の中全体を健康にしてくれて、アンチエイジング効果が期待できます。歯ぐき全体が引き締まったキレイなピンク色の口元は、お顔全体の雰囲気を明るく見せて、若々しい印象を与えます。



トップへ » 世代別に最適化した予防歯科プログラム » 40代~50代の予防


コールバック予約


TOPへ